今週のおすすめ絵本

おだんごぱん

 

・2歳〜

・男女ともにおすすめ★★★

・愉快★★★

・イラストがすてき★★★

 

ぼくは天下のおだんごぱん♪で始まる愉快な唄とシュールなエンディングの対比がこの本の真骨頂と言えます。ロシアの昔話ということで、別名で同じ内容の本も出ていますがこのおだんごぱんの右に出るものはありません。

 

おじいさんとおばあさんのなけなしの材料で出来上がったほかほかのおだんごぱんは食べられまいと外へ飛び出します。そこでであった動物たちの食欲を巧みな唄で振り切ってどんどん進んでいくのですが…。というのがあらすじです。短いお話ですからあっという間にお終いのページに手がかかります。そしてそこにはショッキングな結末がまっています。

 

ぼくが子供の頃大好きで仕方がなかった本の一冊です。その魅力は40年経っても少しも衰えていませんでした。そしてもちろん新品が本屋さんに並んでいます。優れた絵本というのは時代を超えて愛されるものなのです。

 

本書はタイトルもまた秀逸です。なにしろお団子とパンをあわせちゃったのですから。子供心にお団子パンとはいかなる食べ物でどんなに美味しいものなのか想像を膨らませていたのを思い出します。こうしていろいろなことに想像力を掻き立てるのですから名作と呼んで間違いないでしょう。ベリーオススメ。

 

 

 

☆☆イベント情報☆☆


2021/2/18

新型コロナウイルスの影響により、2021年度のイベントスケジュールも未定です。


過去のイベント実績