【対象年齢:6ヶ月〜】

にんじん

せな けいこ作絵

福音館書店 1969年


せなけいこさんの切り絵による絵本です。幼児向けの本として知らないひとはいないくらい有名な本ではないでしょうか。子どもの嫌いな野菜の代表格としてにんじんをテーマにしているところに時代性を感じます。現代でにんじんが嫌いな子どもってどれくらいいるのでしょうか。ちなみに我が子はふたりともにんじんが大好きです。

 

私が言うまでもないことですが、せなけいこさんの切り絵は大変魅力にあふれています。この本を開けばどんな子どもだって笑顔になります。(或いは食い入るように見つめます)

最後のページで、にんじん好きな子だあれ?と読んだあと、こどもの名前を呼んであげましょう。1歳近くなってきて自分の名前を認識するようになると「はい」と手をあげるようになります。その愛らしいしぐさに親ならみんなにっこりなります。